ご相談項目

借金問題離婚問題遺産相続・遺言消費者被害

ニュース・リリース

トップページ » ご相談項目 » 消費者被害

消費者被害に関する法律

自宅に、A株式会社の未公開株を購入するよう勧誘するパンフレットが送られてきました。でも、私はその会社の名前を聞いたことがありません。 そして、その前後に、別のB会社から、「A株式会社は上場予定なので、すぐに値上がりする。うちでもこの株式を買いたいが、、あなたは株主なのではないか。もし株主なら、その株式をあなたが購入した価格の倍の金額で買い取りたい。」という連絡がありました。他の会社からそのような話があるのであれば、A会社が上場することは間違いないから儲かりそうだ、と思い、A会社の未公開株100株を500万円で購入しました。しかし、その後B会社とは連絡が取れなくなってしまいました。私は、騙されてしまったのでしょうか。

A. 残念ながら,ほぼ詐欺被害に遭ったと思って間違いないと思います。

最近,このような劇場型詐欺犯罪が増えています。振り込め詐欺の摘発が進む中で,振り込め詐欺グループが金融商品取引を仮装して別の詐欺行為をしているのです。「B会社」は実際にはA会社の未公開株を買わせるための架空の会社(いわゆるマッチポンプ)とみて間違いないです。

このような場合,一刻も早く弁護士にご相談下さい。時間が経てば経つほど,詐欺会社が逃げてしまったりして、500万円を取り返すことができなくなる可能性が高くなります。

身近な「かかりつけ弁護士」事務所宣言・3つのお約束